うつ病の症状の痛みを良く知った上で治療する為の知識

鬱に悩むすべての方へ

カウンセリング

うつ病は、薬物療法と同時進行でカウンセリングを行います。
カウンセリングというのは、うつ病を抱えている人が自分の思いを話す場になります。
人によっては、カウンセリングは意味がない、自分の思いを話したとしても分かってくれない…などと思い込んでいる人もいます。
しかし、人間は自分が思っていることや不満に思っていること、不安要素のことなどを話さないことには、体に蓄積してしまう状態になってしまうので状況が悪化してしまうことになります。
状況が悪化してしまうことを避けるには、自分の思いをぶつけるところを作るのが一番いい方法になります。

確かに、カウンセリングを初めて受ける時は初対面の人に話すことになります。
ですが、初めての人だからこそ話せることがありますし、カウンセリングを行ってくれるカウンセラーは人間の心理学を勉強していますので、どういった心理なのかを理解してくれます。
それに、ただ心理学に頼っているというのではなくて人として話を聞いてくれますので、自分の思っていることは全て打ち明けるのがいいでしょう。
ただ、人によって合う、合わないといったことはありますので、自分にとって合わないカウンセラーだなと思った時はすぐに別のところへ行って下さい。
そうしないと、余計に症状を悪化させてしまうことがあります。それに、カウンセラーも人間ですので感情があります。
そういった感情を全面に出すことは、カウンセラーとしてダメですが、やはりそういった人は少なからず存在します。
ですから、少しでもカウンセラーの人と話しは合わないな、話したくないなと思った時は無理にそこへ通う必要はありません。

ですが、心療内科などは診察する医師とカウンセラーは別になります。
そういった時は、診察してくれる医師にカウンセラーと合わないことを話します。そうすれば、何かしら対処してくれるでしょう。
対処できないと言われた時は、別の病院へ行ったほうが病気を完治しやすくなります。
しかし、何度も変えることは自分にとって負担になりますので、自分でも心に少し余裕を持てるようにリラクゼーションサロンなどに行くことをお勧めします。
こういったところでは、体を休めると同時に起こっていた肩こりや腰痛などの痛みのある症状を改善できるようにほぐしてもらうことができます。